びょーいん日記

2014年05月29日 23:59 

今日は通院日でした。

朝そこそこの時間に起きて、チャリこいで病院へ。天気が良くて気持ちいい。
比較的人が少なくて、早めに呼ばれた。

調子どうですかと聞かれて、だるいですと答えてそろそろ3回目くらい。
行動療法の記録を見せて、起床時間が早いことと体がだるい事をチェックされて、入院も考慮にと言われた。
入院したら少しは生活が変わるかなあ・・・。
悩み中。

眠剤のドラールが効いてない感じがするということを伝えたら、リボトリールに変わりました。
ベンゾ系の精神を沈める系のお薬みたい。
さて効いてくれるかな。
お薬メモ。

  1. 毎食後
    1. ミヤBM錠
      おなかの調子をよくするお薬です。下痢や便秘に用います。

    2. セレキノン錠100mg
      胃腸の調子を整えるお薬です。慢性胃炎や過敏性腸症候群の治療に用います。

  2. 朝食後
    1. サインバルタカプセル20mg 3C
      憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、糖尿病にともなう神経痛にも有効です。(SNRI)

    2. アムロジンOD錠2.5mg 1錠
      血圧を下げるお薬です。高血圧や狭心症の治療に用います。

    3. オルメテック錠10mg
      血圧を下げるお薬です。高血圧症に用います。

    4. エビリファイ錠3mg 1T
      心の具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

  3. 朝夕後
    1. ロラゼパム錠0.5mg「サワイ」
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
      (マイナートランキライザー)

  4. 寝る前
    1. ルネスタ錠2mg+1mg
      脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

    2. タスモリン錠1mg
      パーキンソン病のお薬です。手のふるえや体のこわばりを改善します。また、安定剤によるパーキンソン症状をおさえるのにも使用します。
      →そわそわ感の防止用

    3. リボトリール錠2mg
      てんかん発作を予防するお薬です。そのほか、体のふるえやパニック障害などの治療に応用されることがあります。

  5. 不眠時(頓服)
    1. エチゾラム0.5mg
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

(リンク先は「お薬110番」)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://radhia.blog23.fc2.com/tb.php/2298-a6fc643b
    この記事へのトラックバック