びょーいん日記

2014年02月20日 20:12 

今日は通院日でした。

前回に比べて全般的に調子が良かったので、お薬は現状維持がいいなあと思っていたのですが・・・。
どうやら厚生労働省の方針で薬の多剤処方が厳しくなるようです。
具体的には、4月から抗鬱剤・睡眠薬の処方がぞれぞれ3種類までに制限されるようです。
今ちょっと検索かけてみたのですが、それらしい文書は出てませんでした。
なのでソースは主治医の言葉のみです。
抗不安薬に関しては不明。抗鬱剤と抗不安薬合わせて3種類までなのかな。

それに合わせて、今のうちから調整しておくことになりました。
抗鬱剤は今までサインバルタ、エビリファイ、アモキサンが出ていたのですが、
元々減薬してきたアモキサンは今日でカットになりました。
睡眠薬についても、サイレース、ルネスタ、セロクエルの3種類になり、マイスリーがカットに。

アモキサンは少しずつ減薬してきたので、意欲減退にならないといいなくらいの認識です。

問題はマイスリーの方。
これまでマイスリー10mg飲んでいたのを止めて、ルネスタ1mgとセロクエル25mgを追加ということになりました。
入眠剤としての信用度は マイスリー>>ルネスタ なので、夜眠れるか不安があります。
とりあえず今夜どうなるかだな。
ルネスタも作用的には入眠を良くする感じのようだけども。

【働き】

脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

【薬理】

脳内の抑制性の神経伝達をになう神経性アミノ酸‘GABA’(γ-アミノ酪酸)の働きを高めます。その作用メカニズムは、GABA_A-BZ受容体と結合し、GABAによる塩化物イオンの神経細胞内への流入を促進、GABAの作用を強めることで催眠・鎮静作用を発揮します。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1129010.html

お薬メモ。

  1. 毎食後
    1. ミヤBM錠
      おなかの調子をよくするお薬です。下痢や便秘に用います。

    2. セレキノン錠100mg
      胃腸の調子を整えるお薬です。慢性胃炎や過敏性腸症候群の治療に用います。

  2. 朝食後
    1. サインバルタカプセル20mg 2C
      憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、糖尿病にともなう神経痛にも有効です。(SNRI)

    2. ピレチア錠25mg
      アレルギーをおさえるお薬です。そのほか、ふるえや乗り物酔いにも適応します。

    3. アムロジンOD錠2.5mg 2錠
      血圧を下げるお薬です。高血圧や狭心症の治療に用います。

    4. オルメテック錠10mg
      血圧を下げるお薬です。高血圧症に用います。

    5. エビリファイ錠3mg 2T
      心の具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

  3. 朝夕後
    1. ユーパン錠0.5mg
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
      (マイナートランキライザー)

    2. タスモリン錠1mg
      パーキンソン病のお薬です。手のふるえや体のこわばりを改善します。また、安定剤によるパーキンソン症状をおさえるのにも使用します。
      →そわそわ感の防止用

  4. 寝る前
    1. ルネスタ錠2mg+1mg
      脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

    2. ビビットエース錠1mg×2
      寝つきをよくするお薬です。

    3. クエチアピン25mg錠×2
      心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

  5. 不眠時(頓服)
    1. エチゾラム0.5mg
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

(リンク先は「お薬110番」)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://radhia.blog23.fc2.com/tb.php/2209-068a017b
    この記事へのトラックバック